アクセスカウンター

みんなに役立つ漢方情報発信サイト

NEWS

みんなに役立つ漢方情報を取材し、発信する漢方ニュースサイト。漢方の基本から最新の漢方ニュース、健康情報、医師の意見など、漢方を通じた健康づくりと豊かな生活を応援していきます。漢方NEWSでは、皆さんに取り上げていただきたいテーマやご意見をお待ちしております。詳しくは、漢方ニュースご意見・お問い合わせのアドレスまでお寄せください。

漢方専門メーカー

NEWS

みんなに役立つ漢方情報発信サイト

Access counter

Back Number

商品情報をみる

漢方薬が専門の製薬会社

一般の製薬会社

今月の“漢方NEWS”のテーマは、足のつり。

こんにちは。漢方ニュース事務局です。今回の漢方ニュースのテーマは、「足のつり」。芍薬甘草湯は、足のつりに有効なおすすめの漢方生薬です。漢方薬は日本で長い時間をかけ、たくさんの経験を積み重ねてできた経験方。難しいイメージのある漢方薬ですが、体や心の病気・悩みに根本から治療することができる身近なお薬。漢方ニュースを通じて、医師や薬剤師さんに相談しながら自分に合った漢方を見つけてください。(漢方NEWS 制作委員会)

最近の“漢方NEWS”コンテンツ

今回のテーマは「女性の尿トラブル」です。是非ご覧ください。ご紹介している漢方処方は「猪苓湯」

猪苓湯の使用者の声が確認できます。

猪苓湯に関するコメントを募集しています。

クラシエの猪苓湯の最安値を探す。

ツムラの猪苓湯の最安値を探す。

“漢方NEWS” 2021年9月更新

尿トラブルには「猪苓湯」

今回のテーマは「足のつり」です。是非ご覧ください。ご紹介している漢方処方は「芍薬甘草湯」

芍薬甘草湯の使用者の声が確認できます。

芍薬甘草湯に関するコメントを募集しています。

クラシエの芍薬甘草湯の最安値を探す。

ツムラの芍薬甘草湯の最安値を探す。

“漢方NEWS” 2021年10月更新

足のつりには「芍薬甘草湯」

漢方NEWSコンテンツをご紹介します

足がつることはありませんか?

足がつる原因は、ミネラルバランスの崩れと考えられています。

あなたは、足がつることはありませんか?寝ている時や運動の時、足がつると痛いですよね!足などがつったりする原因は、筋肉疲労による「乳酸」などの老廃物の蓄積や筋肉や神経細胞の動きを調整するイオンのアンバランス化があると言われています。血液中にあるミネラルイオン、主にカルシウム、マグネシウム、クロール、カリウム、ナトリウムが何らかの原因でバランスが崩れると、足のつりが起きると考えられています。“ミネラル”の必要量はごく微量ですが、その中でも生命維持に必要な栄養素は特に“カルシウム”と“マグネシウム”。筋肉が働くために重要なんです。だけど、汗や尿と一緒にミネラルも排出されやすいので、気づかないうちにミネラルバランスを崩していることが多いんです。気をつけてください。その他に空調などの影響で、気温の低下によって冷え性ぎみとなり、温度変化による筋肉の収縮などが原因となります。「つってしまったら、どうすればいいの!?」筋肉が縮んだ状態ですから、まずはゆっくりとしたストレッチ。つま先をぐっとすねに向けて引き上げて、ふくらはぎをじっくりと伸ばすこと。また、ふくらはぎを温め、血行不良を解消することも有効です。

その他には、あしのつり・こむら返りを治す唯一の医薬品【芍薬甘草湯】が有効です。漢方では、足のつり・こむら返りは「血(けつ)」の不足。鎮痙・消炎作用によって急迫症状を緩和しながら、栄養成分である「血」を増やす作用を持っています。骨格筋や平滑筋の痙攣を抑制し、急激におこる痛みを鎮めます。知っていましたか?試してみてくだいさい!

「芍薬甘草湯」を使用した人の声

●コメントはまだありません。

女性の尿トラブル、人に相談しにくく困っていませんか?

尿トラブルは、40歳以上の女性の3人に1人が悩まされています。

“女性の尿トラブル”で多いのは、【頻尿】トイレが近い、トイレの回数が多いという症状。【尿失禁】自分の意思とは関係なく、尿が漏れてしまうことなど。尿トラブルは、女性に多く40歳以上の女性の3人に1人が悩まされていると言われています。人に相談しにくい、このテーマ。困っていませんか?とくに汗ばむこの季節は、原因となる菌が活発で女性の尿トラブルが多い時期。女性は男性に比べ、尿道が短く細菌が膀胱に入りやすいのです。膀胱粘膜の抵抗力が弱いと、細菌感染にかかりやすく、膀胱炎は尿をためておく膀胱の粘膜に炎症が起こる泌尿器科で一番多い病気なんです。その症状とは、【頻尿】     トイレの回数が頻繁になる。【残尿感】まだおしっこが残っている気がする。【排尿痛】おしっこの時 下腹部が痛い。こんな症状があったら、からだにやさしい漢方に注目してください。とくに膀胱炎は、一度かかると再発しやすいので、体質改善とケアが必要なんです。

漢方なら炎症を抑えるだけでなく、粘膜の抵抗力をつけて根本治療が可能です。●こんな症状に心当たりはありませんか?・尿が減って尿が出にくい。痛み・残尿感の症状には【猪苓湯】。膀胱だけに炎症を起こしているとき使用する漢方です。膀胱粘膜の炎症を除去し、尿の出をよくして細菌を洗い流し粘膜に抵抗力をつけていきます。クラシエからは、クラシエ漢方 猪苓湯エキス錠、ツムラからは、ツムラ漢方  猪苓湯エキス顆粒Aが出ています。

●こんな症状に心当たりはありませんか?排尿時の痛み、残尿感があり 尿が濁ったり、おりものなどの症状には【竜胆瀉肝湯】。炎症による痛み、イライラしたり興奮しやすい方の膀胱炎に自律神経の興奮を鎮め、炎症を抑え粘膜に抵抗力をつけていきます。クラシエからは、クラシエ  竜胆瀉肝湯エキス錠、コタロー製薬からは、竜胆瀉肝湯エキス錠S「コタロー」が出ています。

わからないことや相談したいことがある方は、お医者さんや薬剤師さんに相談し、改めて漢方治療を始めてください。

「猪苓湯」を使用した人の声

●膀胱炎になりそうな時に服用し、本当に助かっています。

(60代女性)

●いつも助かってます!飲みやすく効き目もいいのでこれからも使いたいと思います!

(30代女性)

NEWS

みんなに役立つ漢方情報発信サイト

その他、特集記事に対する感想、使用経験者のコメントなどサイトに対するご意見・お問い合わせ先もこちらにお寄せください。

個人情報の利用目的:本サイトが取得した個人情報は、漢方情報のご案内の目的にのみ利用し、それ以外の目的には利用いたしません。不適切なコメントや特定の商品を推奨するコメントは事務局で選考の上、掲載しないことがございます。記載いただいたコメントがすべて掲載される訳ではございません。

漢方処方に対するコメントを書く

漢方NEWS 制作委員会

当サイトは、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律のガイドラインに遵守し編集いたします。漢方薬に関するたくさんの情報や疑問を取材し、広く世の中に紹介することを目的に発行しております。当サイトに対するご意見、ご連絡は上記お問い合わせフォームまでお寄せください。

TOPへ ▲

●コメントはまだありません

●膀胱炎になりそうな時に服用し、本当に助かっています。

(60代女性)

●いつも助かってます!飲みやすく効き目もいいのでこれからも使いたいと思います!

(30代女性)